■スレッドリストへ戻る■ 全部 1- 101- 最新50

おたまにくる

67 : :03/01/05 18:34
今日が冬休み最後の日で、議論をもう一巡出来るか自信が無いので、
>>46のシナリオの問題点を書いてみる。解決しておくれ。

A.
> すでに開発済みのAT互換機用OSXを販売、
「既に開発済み」という前提に対する保証が無いし、
仮に遺産があれどMacOSX 10.2.3(もしくは最新版)への対応が必要だ。
既存ハードウェアからのリプレースもあり、販売に期間がかかるだろう。

B.
勿論、印刷や画像処理も含めて、Macで有利とされていた点で、
少なくとも現状以上のアドバンテージを維持しなければならない。
<OSXでは無く>OS9から移行する際の障害をすべて取り除く必要がある。

> AppleブランドのAT互換機ハードの販売、
> AT互換機はけしてWin専用のハードではなく、OSXを搭載して
> も問題なし、

C.
Windowsのネイティブ操作をサポートするならば、
AppleによるWindowsのOEM販売や少なくともサポートが必要である。
それを行わないなら、Windowsが動くことは利点にはならない。
そして、恐らくMSはMacOSXの抱き合わせを認めないだろう。


59KB
新着レスの表示

スレッドリストへ戻る 全部 前100 次100 最新50

0ch BBS 2004-10-30