■スレッドリストへ戻る■ 全部 1- 最新50

アップルが二段階認証導入、日本にも順次適用

1 :●~* :2013/03/23(土) 22:23:17.93
http://www.gizmodo.jp/2013/03/post_11925.html

ついに。

アップルが、アップルアカウントの管理に二段階認証を導入しました。これは、今まで明らかになっていた
セキュリティ上の問題への対応策になります。

二段階認証を設定すると、まず使用する端末に対してセキュリティコードがSMSかFind My Phoneアプリ
の通知として送信されてきます。ログインの際は、基本的にはそのセキュリティコードと従来のパスワード
両方が必要になります。現在、米国、イギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランドではすで
に提供開始されていて、日本では未提供ですが、提供地域は順次拡大していくそうです。ただし米国など
でもまだ使えない人がいるようで、一部のユーザーには「二段階認証が有効になるまで、3日間お待ちく
ださい」といったメッセージが表示されています。

二段階認証を使っていても、ハッキングを防げないケースももちろんあります。たとえば、ハッカーが言葉
巧みにパスワードや個人情報を聞き出したりするソーシャル・・エンジニアリングと呼ばれる手口を使って
いるケースです。それでも二段階認証導入は、セキュリティ強化の最初の一歩としては評価できます。

アップルの二段階認証は、セキュリティ用の質問に代わるものになります。セキュリティ用の質問は、た
とえば「両親が出会った町」とか「最初に買った車」みたいに、本人を知っていればある程度推測できたり
、人によってはソーシャルメディアに答えを書いている場合もあったりして、セキュリティホールになりえ
ます。セキュリティコードがそれを代替することで、その穴を埋めることができます。

もうひとつ、リカバリー・キーも発行されます。これは緊急用パスワードで、プリントアウトしてどこか絶対
安全な場所に保存しておくためのものです。このキーやパスワードのリセットは、「信頼する」としたコン
ピューターやモバイル機器からのみ行えます。

他社のサービスでは、もしユーザーがめちゃめちゃな状態になってキーをなってしまったら、カスタマー
サポートに連絡すると二段階認証ステータスをリセットできるものもあります。アップルでは以下の画像
にあるように「アップルはユーザーに代わってのパスワードリセットはしない」としてい

2 :●~* :2013/03/24(日) 05:32:04.61
>>1
【詐欺】Apple、iOS6.1.3はパス無しでロック突破可能な問題を修正したと嘘を付く
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130321/464669/?k1

 米Appleが現地時間2013年3月19日にリリースしたiPhone向け最新版OS「iOS 6.1.3」
(関連記事)のパスコードロック迂回方法を解説する動画が、翌3月20日からYouTubeに
掲載されている(画面)。この方法を使うと、パスコードを知らない第三者がiPhoneに
保管された連絡先や写真データなどにアクセスできてしまう。

 Appleは最新版iOSで「パスコードを迂回して電話にアクセスされる問題を修正した」と
説明しているが、早くも新たな問題が見つかった形だ。

3 :●~* :2013/03/24(日) 06:50:48.15
ぬん

4 :●~* :2013/04/21(日) 00:33:19.66


5 :●~* :2013/05/11(土) 01:30:17.62


6 :●~* :2013/05/18(土) 09:15:32.79


7 :●~* :2013/06/04(火) 11:19:27.12
まんまん

8 :●~* :2013/10/24(木) 21:03:13.31
 

■Xperia Z1は尿液晶だと発覚
http://4.bp.blogspot.com/-iegsMPTD1_o/UmkJ4y0yp3I/AAAAAAAABak/IVjrbR8iHw8/s1600/036698d1p.jpg

 

3KB
新着レスの表示

スレッドリストへ戻る 全部 前100 次100 最新50

0ch BBS 2004-10-30