■スレッドリストへ戻る■ 全部 1- 最新50

2012年のスマホ出荷台数は2,848万台―iPhoneが好調

1 :●~* :2013/03/28(木) 00:23:07.53
http://www.computerworld.jp/topics/573/206813

 IT専門調査会社のIDC Japanは3月27日、国内モバイル・デバイス市場(スマートフォン市場、タブレット市場を含む)
の2012年第4四半期(10月〜12月)および通年の出荷台数を発表した。

 発表によると、スマートフォンは、第4四半期の出荷台数が前年同期比29.2%増の883万台、通年が前年比42.1%増
の2,848万台となった。アップルの「iPhone 5」と、液晶IGZOを搭載したシャープの「SH-02E」の好調な販売が市場拡大
の要因となった。

 OS別シェアでは、Android OS搭載のスマートフォンが57.8%のシェアを占め、前四半期に続きiOSシェアを上回る結果
となった。

 タブレットの出荷台数は、第4四半期が前年同期比88.3%増の202万台、通年が前年比91.3%増の462万台を記録した。
アマゾンの「Kindle Fire」、グーグルの「Nexus 7」など低価格タブレットのほか、LTE(4G方式)搭載タブレット、法人タブレット
が同市場の急成長を後押しした。

 OS別トレンドでは、AndroidのOSシェアが48.3%の占有率となり、2期連続でトップシェアを獲得しているという。

 今後の見通しについて、短期的には「国内のスマートフォン需要は引き続き好調を維持し、2013年の出荷台数は3,000万
台超となるが、2014年以降は成長が鈍化していく」とし、「タブレット市場は『iPad mini』のような注目度の高い端末の登場に
加え、低価格タブレットの市場拡大より、需要は拡大傾向が続く」とIDC JapanのPC,携帯端末&クライアントソリューション
シニアマーケットアナリスト、木村融人氏は指摘する。

 長期的な見通しとしては「スマートフォン市場は2017年に出荷台数3,765万台にまで拡大する。またタブレット市場も拡大し、
同年の出荷台数は905万台を予測している」(木村氏)と述べる。

2 :●~* :2013/03/28(木) 07:22:15.31


3 :●~* :2013/03/28(木) 12:23:40.56


4 :●~* :2013/04/27(土) 21:10:06.48
武雄市長のアホとバカ
http://togetter.com/li/310091

5 :●~* :2013/05/17(金) 22:55:59.59


6 :●~* :2013/05/24(金) 01:08:00.55
まんまん

1KB
新着レスの表示

スレッドリストへ戻る 全部 前100 次100 最新50

0ch BBS 2004-10-30