■スレッドリストへ戻る■ 全部 1- 最新50

動いているものを除去できるiPhone用カメラアプリ

1 :●~* :2013/05/25(土) 01:04:54.10
http://news.mynavi.jp/news/2013/05/24/230/index.html

ISPは、動いているものを除去できるiPhone向けカメラアプリ「PREDATOR -邪魔者が消えるカメラ -」を公開
している。価格は85円。

同アプリは、動かない背景や撮影対象を残し、動いているものを除去することができるカメラアプリ。混雑した
場所で記念撮影をする際に周りに人が写り込んでしまい、なかなかお気に入りの1枚が撮れない、といった問
題を解決することができるという。操作は、アプリを起動し、プレビュー画面内でリアルタイムに動いているも
のが消えていくので、 消えたタイミングでシャッターを押すだけ。

今後は、twitterやInstagramで画像の共有をしたり、ベストショット・コンテストを実施予定とのこと。

2 :●~* :2013/05/25(土) 02:02:15.64
>>1
【恥】【アホン】 iPhone5のLTE人口カバー率96%→実は1%(笑) 【パケ詰まり】【陰毛】

iPhone5のLTE人口カバー率96%→実は14%
 高速通信「LTE」の広告で、米アップルの「iPhone(アイフォーン)5」が対応するエリアを実際より広く表示したとして、
消費者庁は21日、KDDIに対し、景品表示法違反(優良誤認)で再発防止などを求める措置命令を出した。
 同庁によると、同社は昨年9〜12月末、ホームページや製品カタログで、
アイフォーン5を含むLTE対応スマートフォン(多機能携帯電話)について、
下り毎秒75メガビットの通信速度のエリアが2013年3月末に人口カバー率で96%になると記載した。
 しかし、アイフォーン5の場合、この通信速度のエリアを実際は96%まで拡大する計画はなく、
同時点の人口カバー率は14%にとどまった。
東京23区では全くカバーされず、大阪や名古屋の中心部でもほぼカバーされていなかった。
 同社は、カタログなどの誤記に気付いた後、修正して社告を掲載したが、
同庁は「一般消費者への誤認が排除できていない」として、措置命令に踏み切った。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date1&k=2013052100618


iPhone5のLTE人口カバー率 実は1%
先日KDDIが「au 4G LTE」の広告について行政指導を受け、
その中でiPhone 5向けLTEの75Mbps対応エリアの実人口カバー率が14%(Androidは96%)
であることが判明しましたが、ソフトバンクモバイルがiPhone専用に提供している
「Softbank 4G LTE」の75Mbps対応エリアは1%にとどまることが明らかになりました。
http://buzzap.jp/news/20130523-sbm-75mbps-area/

3 :●~* :2013/05/25(土) 13:02:15.00


4 :●~* :2013/06/11(火) 01:36:07.82


5 :●~* :2013/12/28(土) 15:32:33.11


2KB
新着レスの表示

スレッドリストへ戻る 全部 前100 次100 最新50

0ch BBS 2004-10-30