■スレッドリストへ戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 最新50

あえて旧iMacでOSXとCocoaとJava#2

30 : :02/04/18 16:54
まず、「構造化プログラミングとオブジェクトの基本機能上の違い」という観点では、
「オブジェクトは、構造体と、複数の機能(関数)を集合した 物 である」
と説明する事が、出来なくもない。w

たとえば、テレビを例に挙げると、

tvという名前の非OOPプログラムでは、

テレビ構造体の定義
・音量
・チャンネル

電源ON機能(引数: テレビ構造体)
電源OFF機能(引数: テレビ構造体)
チャンネル切り替え機能(引数: テレビ構造体, 新しいチャンネル)
テレビ放映機能(引数: テレビ構造体)
音量調節機能(引数: テレビ構造体, 新しい音量)

などと記述して、「テレビ構造体」を持ち回って処理をして、
1つのプログラム単位で「これはテレビだ」としていた。

「うちのテレビを定義します」
「チャンネルを切り替えます。どれかというと、うちのテレビです」

という表現になるが、オブジェクト指向だと、

テレビオブジェクトの定義
・音量(値)
・チャンネル(値)

・電源ON機能
・電源OFF機能
・チャンネル切り替え機能
・画面描画機能
・音量調節機能

という風に定義できるため、

「うちのテレビは、テレビオブジェクトです。」
「うちのテレビの、チャンネルを、2番にします」
「うちのテレビを、表示します」

という書き方が可能になる。


っつーのが、構造体との違い。
これに何の意味があるのかっつーのが、説明の本題になると思うがw


110KB
新着レスの表示

スレッドリストへ戻る 全部 前100 次100 最新50

0ch BBS 2004-10-30